« 先日のライブ、次回のライブ【2018年5月】 | メイン | 弾き語り教室生徒さん募集 »

2018年5月23日 (水)

散歩写真【虫の巻】

え〜、本日は虫の写真を集めてみました。
4月〜5月の散歩で撮ったものです。
別に珍しいものもありませんが、
虫って、じっとしてませんからねえ、
なんかちゃんと撮れたってだけで嬉しいんですね〜!
というわけで、
せっかく撮りましたんで、
ま、おひまでしたら見てやって下さい。
ゲジゲジとかムカデとかは出てきませんので、
お嬢様方も安心してご覧なさい。


1_0666

▲ベニシジミ
 小さいけれどなかなか奇麗でしょう?
 花はハルジオン。
 こうやってつぼみが垂れてるかどうかが、
 ハルジオンとヒメジョオンの見分けのポイントです。
 と、エラソーに言ってますが、
 じつは今年覚えたばかり。




3_0083

▲アオスジアゲハ



4_0152

▲カラスアゲハ
 懸命に蜜を吸ってます。



5_0828


▲多分ダイミョウセセリ?



6_0133

▲ヒメウラナミジャノメ?
 え〜、名前は一応図鑑を見ながら書いてますが、
 自信はありませんので、あんまり信用されませんように。



7_0757

▲名前の分からない蛾のなかま


7_0451

▲アサヒナカワトンボ
 これはまた、えらく自信ありげに特定してますが大丈夫?
 大丈夫!撮影した緑地の管理施設に案内があったのでね。



8_0467

▲翅の色は違いますが、これも多分アサヒナカワトンボ。
 橙色の翅と無色の翅の2種類がいるそうです。



9_0471

▲これはどうでしょう?
 上の2匹に比べると胴が短いようなので、
 別の種類でしょうか?



10_0778

▲ハッチョウトンボのメス?
 だとしたら日本で一番小さい、
 結構珍しいトンボです。
 (オスは赤トンボのような色だそう)
 実際かなり小さくて、
 撮ってる時はアブのなかまかな?と思ってました。



11_0743

▲おなじみのミツバチ


12_0108

▲コマルハナバチ?
 丸くてなんだか愛嬌のあるやつ。



122_0219

▲ヤマトシリアゲ
 ハチのなかまかハエのなかまかと思いましたが、
 私の持ってる図鑑(ニューワイド学研の図鑑)では、
 「ウスバカゲロウなどのなかま」というところに載ってました。
 名前の通りにシリをあげてるんですが、
 この写真ではちょっとわかりづらいですね。




13_0618

▲なんかのバッタの子ども・・・。



14_0422

▲アメンボ
 カメムシのなかまだそうですが、
 あの臭いカメムシと違い、
 こちらは飴のような甘い臭いなのでアメンボ、
 だそうです。




15_0769

▲名前不明
 ハナムグリのなかまかと思ったんですが、
 こんな模様のやつ、見当たりませんでした。
 よく見かけるやつなんですがねえ〜。




16_0057

▲虫ではありませんが、
 ま、生きてるなかまということで、
 ここにかててやってください。
 ヌマガエル?
 ツチガエル?
 背中に線があるのでヌマガエル?と思いましたが、
 線のないヌマガエルもいるし、
 線のあるツチガエルもいるとのこと。
 ややこしいことですねえ〜。



では、今日の散歩はこれでおしまいです。





コメント

アオスジアゲハを見つけたら
トクしたような気になります。

黒に黄色の斑点の虫で
画像検索してみたところ
ぎゃっ!と後ずさるような虫も出てきたのに
やっぱり、わかりませんでした。
やめときゃよかったです。(^^;

「ぎゃっ!と後ずさるような虫」とは、
芋虫?毛虫?アブラムシ?
「神様もなんでこんなのを?」と言いたくなるような連中もいますね。
みんな生きてるとは言ってもねえ・・・。

ジュウシチホシハナムグリではないでしょうか!
自信あります!
もう、見つけられていたかもしれないですね。

ぎゃっと後ずさるような虫は
だいたい、毛虫とか、ミミズっぽい虫とかで
ド派手なやつです。

かわいい~と、ぎゃっ!の間にどのくらいの差が
あるものか…。

ミノムシを名乗っているのは
中身はぎゃっと言われそうだからです。(笑)

ミノムシさん、ありがとうございます。
確かに!!ジュウシチホシハナムグリですね。
よく見つけられましたね。
うちには虫の図鑑が2冊ありますが、
これは載ってませんでした。
ネットで見てみるとこれの赤いのもいるようで、
そちらはちょっとぎゃっと後ずさりそう。

コメントを投稿

Powered by Six Apart