« 鷺の唄 | メイン | ひなたぼっこ »

2018年4月 2日 (月)

4月14日(土)は谷山俊介・村岡達也ライブ


4

時   4月14日(土) 6時開場 7時半開演
出 演 谷山俊介・村岡達也
    (フロント・アクト/竹内ゆえ)
席 料 500円でワンドリンク付+投げ銭
場 所 駄猫と本の部屋「ぶらん亭」
    北九州市小倉北区片野2丁目16-15  
    (居酒屋「たまりば」のビルの2階) 
    電話 093ー951ー6143
    モノレール片野駅下車、徒歩8分ほど


ぶらん亭ライブ、今月は14日の土曜日、
竹内ゆえセレクトの顔合わせ、
谷山俊介・村岡達也の出演です。
谷山俊介君については、推薦者竹内ゆえさんに紹介してもらいましょう。



Photo

▲谷山俊介


谷山俊介君とは萩の「玉ねぎ畑」に呼ばれて出演した時に対バン!
自分の唄を持っている!と思っていると、
「宇部のBIG HIPで任されてるイベントが月一度あるから」とお誘いを受けた。
この積極的なアプローチが彼の持ち味ですね。

BIG HIPにはオープンマイクに一度出演して顔出しして、
谷山俊介君企画の「マシンガン ソネット」に出演。
〜愛だの恋だのだけでは無い唄を〜〜という企画という事で、
たっぷり唄を楽しみました。

そんな彼を紹介出来るのは嬉しい事です。
フロントアクト勤めます。
唄を〜メロディライン 声の響き 歌詞の持つ空間
ギターの響きやリズム そして唄い手の表情も
楽しんでいただきたいです。

                竹内ゆえ


ということで、
竹内ゆえもフロント・アクトで2.3曲やる予定。




Photo_2

▲村岡達也

村岡達也、通称汀(てい)君はオレとも古い付き合いで、
伝説の「なしか」のヴォーカルもつとめた、
今年還暦のベテラン唄うたい。
「曼荼羅堂」なるレゲエバンドをやってた時もあったし、
「トラクターズ」だったか?「スクーターズ」だったか?
カッコいい(音楽的に)男ふたりのユニットの時もあったし、
もちろんソロでもやり続けているし、
盟友タマオ君と「たったま」としても活動!
不良爺さんっぽい外見とはうらはらに、
その唄は暖かく深く優しく強い。
ぶらん亭には去年9月にも出演してくれました。
youtubeに「たったま」としての動画があったので、
置いときます。
タイトル通りクールです!
観て下さい!
聴いて下さい!
しびれて下さい!




YouTube: so cool…たったま


ということで場所のご案内。

モノレール片野駅下車。
改札口を出て左手前方の階段を降り、
ちょっと先の交番の角を左、
そのまま足立山方面に向って歩いて約8分。
フォルクスがある信号のその次の信号、
「たまりば」という居酒屋さんのあるビルの2階です。
お店じゃないので、看板とか探しても見つかりませんよ。

車でお越しの方は、すみません、駐車場はありません。
下の地図を参照に、近所のコインパーキングをご利用下さい。

Photo_3

4番が一番近くて、うちまで徒歩1分ですが、ちょっと料金が高いですね。
3番が距離的にも料金的にもベストですが、3台しか停められません。
ダメもとで最初に行ってみましょう。
1番、2番からでも、ゆっくり歩いても5分はかかりません。



Photo_4

▲猫も待ってます。
 手前ルテン(♂)奥ブラン(♀)。
 キテニャ!っと申しております。






コメント

コメントを投稿

Powered by Six Apart