« 先日のライブ、次回のライブ【2018年2月】 | メイン | 鳥ネタが続きます »

2018年2月13日 (火)

ウィンターはバードゥワーチン

寒い日々が続いてますが、
皆様、お元気でしょうか?

寒いからとじっとしてると、
それこそ膝も腰もギシギシそのまま固まってしまいそうですね。
老人は少し動かないでいると、
そのまま寝たきりになってしまいますからね、
いえ、冗談でなく、ホント。
ということで、この時期すこしの晴れ間も貴重な時間。
老人はなるべく外に出かけましょう。

この時期の野外の楽しみは、
なんたって鳥見ですね、
英語でいうとバードウォッチングですね。
いや、英語だとbirdwatchingですね。
birdwatchingは英国英語で、
アメリカ英語ではbirdingというそうです。
ウィキペディアに書いてました。
ついでにアメリカ英語での発音はバードゥワーチン(グ)、
イギリス英語だとバードゥウォッチン(グ)だそうです。

1_0361

▲ということで、
 まずどこでも見かけるのがこれ。
 ツグミですね。
 遠くシベリアあたりからやってくるんだそうです。


2_0373

▲羽の黄色が目立つカワラヒワ。
 丸い実はモミジバフウのようですが、
 鳥達、食べるのかな?



3_0617

▲これはルリビタキ。
 成長したオスは名前の通り、
 それこそきれいな瑠璃色になるんですが、
 そこまでになるのは3年かかるそうです。
 ということでこれはメスか、
 または若いオスということでしょう。
 それでも尾っぽの瑠璃色がきれい!



4_0623

▲シロハラです。
 名前の通りおなかが白いです。
 スズメよりは大きくて、
 ヒヨドリよりはちと小さい。



5_0351

▲羽根を広げたヒヨドリ。
 始祖鳥みたいですね。



6_0629

▲メジロの集団。
 冬枯れの無彩色の中で、
 その緑色に出会うとホッと嬉しい。



7_0631

▲アップにしてみました。
 このように眼の回りが白いのでメジロ。


8_0643

▲地面をピョコピョコ移動する地味なコレはアオジ?



9_0654

▲その近くに、見た事のないゴムまりみたいな鳥がいる!と思いましたが、
 どうやらこれもアオジのようです。
 防寒対策で体をふくらませてるようです。

【後日訂正】 アオジではなくビンズイのようです。(2月22日)



Dsc_0910

▲このジョウビタキのメスも普通より丸っこく見えますね。
 スズメ目の鳥は、みんな寒さしのぎにふくれるのでしょうか?



10_0815

▲こちらも防寒対策?
 じっと身をこごめるアオサギ。


11_0861

▲前から見ると白黒ですが、
 背中側を見るとその色の変化がなんともきれいなシジュウカラ。




12_0316

▲では最後はおなじみのヤマガラ。



13_0317

▲その小さなアタマで、
 やはりなにか考えてるんでしょうか?
 せつなくなるほどいじらしい・・・。


コメント

コメントを投稿

Powered by Six Apart